Ouzhan Trade(Shanghai)Co.、Ltd。

表面処理

まず、製品に表面処理が必要な理由、機能、解決する問題を知る必要があります。

まず第一に、基板の機械的、物理的および化学的特性とは異なる、基板材料の表面上に人工的に表面層を形成する表面処理方法。表面処理の目的は、製品の耐食性、耐摩耗性、装飾、またはその他の特別な機能要件を満たすことです。

多くのお客様から、なぜ表面処理が必要なのか、機能は何か、このプロセスを追加する理由は何かと聞かれます。

Ouzhan技術スタッフ:表面処理は、対象物の表面に付着したあらゆる種類の異物(油、錆、ほこり、古い塗装膜など)を除去し、コーティング要件に適した優れた基板を提供して、コーティング膜を確実にすることです。優れた保護があります。腐食性能、装飾性能およびいくつかの特別な機能、オブジェクトの表面は塗装前に前処理する必要があります。この種の処理によって行われる作業は、まとめて塗装前(表面)処理または(表面)前処理と呼ばれます。

表面処理により、製品の耐久性と耐摩耗性が向上します。元々、それは使用時間を増やし、多くの時間、コスト、そしてお金を節約します。

電気化学的方法

この方法では、電極反応を使用して、ワークピースの表面にコーティングを形成します。主な方法は次のとおりです。

(1)電気めっき

電解液では、ワークピースがカソードです。外部電流の作用下で表面にコーティングを形成するプロセスは、電気めっきと呼ばれます。めっき層は、金属、合金、半導体、または銅めっきやニッケルめっきなどのさまざまな固体粒子を含むことができます。

Surface treatment2

(2)酸化

電解液では、ワークピースがアノードです。外部電流の作用下で表面に酸化膜を形成するプロセスは、アルミニウム合金の陽極酸化などの陽極酸化と呼ばれます。
鋼の酸化処理は、化学的または電気化学的方法で行うことができます。化学的方法は、ワークピースを酸化溶液に入れ、化学的作用に依存して、鋼のブルーイングなど、ワークピースの表面に酸化膜を形成することです。

Surface treatment3

フォールディングケミストリー

この方法は電流作用がなく、化学物質の相互作用を利用してワークピースの表面にコーティングを形成します。主な方法は次のとおりです。

(1)化学変換膜処理

電解液では、金属ワークに外部電流が作用せず、溶液中の化学物質がワークと相互作用して表面にコーティングを形成します。これを化学変換膜処理と呼びます。金属表面のブルーイング、リン酸塩処理、不動態化、クロム塩処理など。

Surface treatment4

(2)無電解めっき

電解液では、ワークの表面が外部電流の影響を受けずに触媒処理されます。この溶液では、化学物質が減少するため、ワークピースの表面に特定の物質を堆積させてコーティングを形成するプロセスは、無電解ニッケル、無電解銅メッキなどの無電解メッキと呼ばれます。

折りたたみ式熱処理

この方法は、高温条件下で材料を溶融または熱拡散させて、ワークピースの表面にコーティングを形成することです。主な方法は次のとおりです。

(1)溶融めっき

金属ワークを溶融金属に入れて表面にコーティングを形成するプロセスは、溶融亜鉛めっきや溶融アルミニウムなどの溶融めっきと呼ばれます。

(2)溶射
溶融金属を噴霧し、それをワークピースの表面に溶射してコーティングを形成するプロセスは、亜鉛の溶射やアルミニウムの溶射などの溶射と呼ばれます。

(3)ホットスタンピング
金属箔を加熱してプレスし、ワークピースの表面を覆ってコーティング層を形成するプロセスは、ホットスタンピングアルミホイルなどのホットスタンピングと呼ばれます。

(4)化学熱処理
ワークが化学物質と接触して加熱され、特定の元素が高温でワークの表面に入るプロセスは、窒化や浸炭などの化学熱処理と呼ばれます。

(5)浮上
溶接により、溶着した金属をワークピースの表面に溶着して溶接層を形成するプロセスは、耐摩耗性合金による表面溶接など、表面仕上げと呼ばれます。

折りたたみ式バキューム方式

この方法は、材料を気化またはイオン化し、高真空下でワークピースの表面に堆積させてコーティングを形成するプロセスです。主な方法はです。

(1)物理蒸着(PVD)

真空条件下では、金属を原子または分子に気化させる、またはそれらをイオン化してイオンにするプロセスが、ワークピースの表面に直接堆積されてコーティングを形成します。これは物理蒸着と呼ばれます。堆積した粒子ビームは、蒸発スパッタリングめっき、イオンめっきなどの非化学的要因から発生します。

(2)イオン注入

高電圧下でワークピースの表面にさまざまなイオンを注入して表面を修飾するプロセスは、ホウ素注入などのイオン注入と呼ばれます。

(3)化学蒸着(CVD)

低圧(場合によっては常圧)下で、化学反応によりガス状物質がワークピースの表面に固体堆積層を形成するプロセスは、酸化ケイ素や窒化ケイ素の蒸着などの化学蒸着と呼ばれます。

他の折り方

主に機械的、化学的、電気化学的、および物理的方法。主な方法は次のとおりです。

ペインティング

アイドルスプレーまたはブラッシング方法は、ワークピースの表面に塗料(有機または無機)を塗布して、塗装、塗装などの塗装と呼ばれるコーティングを形成するプロセスです。

衝撃めっき

機械的衝撃でワークピースの表面にコーティング層を形成するプロセスは、衝撃亜鉛メッキなどの衝撃めっきと呼ばれます。

レーザー表面処理

ワークピースの表面にレーザーを照射して構造を変化させるプロセスは、レーザー焼入れやレーザー再溶解などのレーザー表面処理と呼ばれます。

超硬膜テクノロジー

物理的または化学的方法でワークピースの表面に超硬質フィルムを作製する技術は、超硬質フィルム技術と呼ばれます。ダイヤモンド膜、立方晶窒化ホウ素膜など。

Surface treatment13

電気泳動および静電スプレー

1.電気泳動

電極として、ワークピースは導電性の水溶性または水乳化塗料に入れられ、塗料内の他の電極と回路を形成します。電界の作用下で、コーティング溶液は帯電した樹脂イオンに解離し、陽イオンは陰極に移動し、陰イオンは陽極に移動します。これらの帯電した樹脂イオンは、吸着された顔料粒子と一緒に、ワークピースの表面に電気泳動されてコーティングを形成します。このプロセスは電気泳動と呼ばれます。

2.静電スプレー

DC高電圧電界の作用下で、霧化された負に帯電した塗料粒子は、正に帯電したワークピース上を飛んで、静的噴霧と呼ばれる皮膜を得るように向けられる。