Ouzhan Trade(Shanghai)Co.、Ltd。

精密部品の加工精度に影響を与える10の要因

ご存知のように、精密部品の加工が精密加工と呼ばれるのは、加工手順や加工要件が非常に高く、製品の精度要件が非常に高く、精密部品の加工精度には位置の精度。サイズ精度、形状精度など、エディタは、精密部品処理の精度に影響を与える次の10の要因を要約します。

(1)工作機械の主軸回転振れにより、部品の加工精度に一定の誤差が生じる場合があります。
(2)工作機械のガイドレールの不正確さは、ワークピースによって処理される精密部品の形状のエラーにつながる可能性もあります。
(3)トランスミッション部品は、ワークの表面エラーの最も重要な要因でもあるワークの処理でエラーを引き起こす可能性があります。
(4)さまざまな種類の工具や固定具も、ワークピースの精度にさまざまな程度の影響を及ぼします。
(5)機械加工および切削の過程で、力点の位置の変化により、システムが変形し、差異が生じたり、ワークの精度にばらつきが生じたりする可能性があります。
(6)切削抵抗が異なると、ワークの精度にも影響します。
(7)プロセスシステムの熱変形によって引き起こされるエラー。機械的処理中、プロセスシステムはさまざまな熱源の作用下で特定の熱変形を生成します。
(8)熱によるプロセスシステムの変形は、ワークピースの精度に影響を与えることがよくあります。
(9)熱による工作機械の変形により、ワークが変形します。
(10)工具の熱変形はワークに大きな影響を与えます。
(11)ワーク自体が熱によって変形します。これは主に切削プロセス中の熱によって引き起こされます。


投稿時間:2020年9月25日