Ouzhan Trade(Shanghai)Co.、Ltd。

陽極酸化アルミニウム合金加工部品

簡単な説明:

陽極酸化アルミニウム合金は、製品の表面に均一で緻密な酸化物層を形成できます。「(Al2O3、6H2O一般名スチールヒスイ)」このフィルムは、特殊製品の場合、製品の表面硬度を(200-300HV)に達することができます。硬質アルマイト処理が可能で、製品の表面硬度が400〜1200HVに達する可能性があるため、硬質アルマイト処理はオイルシリンダーやトランスミッションなどに不可欠な表面処理プロセスです。


製品の詳細

製品タグ

6063アルミニウム合金陽極酸化CNC機械加工部品

さらに、この製品は非常に優れた耐摩耗性を備えており、航空および航空宇宙関連製品の必要なプロセスとして使用できます。陽極酸化と硬質陽極酸化の違い:陽極酸化は着色することができ、装飾は硬質陽極酸化よりもはるかに優れています。構造上のポイント:陽極酸化には非常に厳密な材料が必要であり、材料が異なれば表面の装飾効果も異なります。一般的に使用される材料は6061、6063、7075、2024などであり、そのうち2024は、材料中のCUの含有量が異なるため、比較的劣っています。したがって、7075のハード酸化は黄色、6061、6063は茶色ですが、通常の陽極酸化6061、6063、7075はそれほど違いはありませんが、2024は多くのゴールデンスポットが発生しやすい傾向があります。

Anodized aluminum alloy machining parts1

一般的な異常品質判断

A.表面に斑点が現れます。この種の異常は、一般に、金属の焼入れと焼き戻しの不良、または材料自体の不良によって引き起こされます。処理方法は、再加熱処理です。または、素材を変更してください。  
B.虹色が表面に現れます。この種の異常は、一般的にアノードの動作エラーによって引き起こされます。吊るすと緩み、導電性が低下します。解決し、電源を切り、再び陽極酸化します。  
C.表面が傷つき、ひどく引っかかれている。このような異常は、一般的に輸送中や加工中の不注意な操作が原因で発生しますが、その処理方法は、電気を戻し、磨き、再通電することです。  
D.染色中に表面に白い斑点が現れる。この異常は、一般に、アノード動作中の水中の油またはその他の不純物によって引き起こされます。

アルミニウム合金加工品質基準への参照

1.膜厚は5〜25um、硬度は200HV以上、シール実験の色変化率は5%未満です。
2.塩水噴霧実験は36時間以上で、9を超えるCNS標準に達する可能性があります。
3.外観に傷、傷、色付きの雲などがあってはなりません。アルミニウム合金の機械加工部品の表面に、ぶら下がり点、黄変などの望ましくない現象があってはなりません。 
備考:A380、A365、A382などのアルミダイカスト部品はアルマイト処理できません。

素材  アルミニウム合金6061、6063、7075、2024 
許容範囲 +/- 0.01mm
表面処理 アルミニウム合金の一般的な化学処理には、クロム処理、塗装、電気めっき、陽極酸化、および電気泳動が含まれます。その中で、機械的処理には、伸線、研磨、サンドブラスト、および研磨が含まれます。
主なプロセス ⑴充填押出段階; ⑵移流押出段階; ⑶乱流押出ステージ。
品質管理 材料から包装までの三次元測定機の全プロセスにおける厳格な品質管理。
使用法 航空宇宙、造船、建設、ラジエーター、輸送、機械設備処理、医療機器、および日用品。
カスタム図面 自動CAD、JPEG、PDF、STP、IGSおよびその他のほとんどのファイル形式を受け入れます。

  • 前:
  • 次:

  • 関連製品